2009年01月05日

本能でやせる究極の簡単ダイエット!自己暗示

――――――――――――――――――――――――
 ★本能でやせる究極の簡単ダイエット!★
 第46号
――――――――――――――――――――――――


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


今回のテーマは「自己暗示」で、
主に心に関する内容になります。
ダイエット成功への最も大きな壁になるかもしれないと
思っていることについてです。

中学2年生のころだったかに、
木製ブロックのカレンダーをおみやげでもらって、
喜んで毎日合わせていました。

こんな感じの木のブロックで、
もっとシンプルなものでした。
http://manekineko-shop.com/newpage69.html


ところが続けていくうちに、毎日しっかりと
合わせないと不安になるような感覚になってきました。
強迫観念にとらわれるようになってきたのでした。


同じころ、家のトイレのスリッパをきっちりと並べると
いうことと、トイレのドアの前のマットをきっちりと
揃えるということに異様にこだわるようになっていって
いました。

どうでもいいことのような気はするけれど、
これを守らないと何か悪いことが起きそうな気がして
仕方がなくて、とりあえずこれさえ守っていれば安心
できるなあということで、続けていました。


少なくとも2、3ヶ月は続いていたと思いますが、
いい加減いやだなあと感じるようになってきて、
忙しかったのもあって、なんとか抜け出すことができました。

すぐに家を出ないといけないときに、マットが微妙に
ゆがんでいるからと何度も直したりするのは、さすがに
続けていられなくなったのでした。


ブロックはどうやって抜け出したのかは
よく覚えていませんが、同じ頃に、
続けなくなりました。


やめるのが怖くてやめられなくなって、
ずるずると続けてしまい、長く続ければ続けるほど、
それをやめるのが余計に怖くなるという悪循環に
はまっていました。


どうも10代の思春期のころにはこういう
傾向が強いのかもしれません。


これらのことは、はっきりいってどうでもいいことでした。

自分自身とはほとんど何も関係のないことで、
続けなくなったからといって、何も実害など
ありませんでした。

だからこそ、うまく抜け出すことができましたが、
もし、これが自分自身にとってとても重要なことで
あったならば、抜け出すことができたのだろうかと
恐ろしくなります。


自分自身の体型に強すぎるこだわりを持ってしまったり
すると、食べるのが怖くなって、そこから抜け出すことが
できなくなってしまうということが多いのは、無理もない
ことだと思います。

たかだか、木のブロックやトイレのスリッパやマットなどが
きちんとしていないと不安になって、なかなか抜け出せなかった
のですから、自分の体型へのこだわりとかだったとしたら、
うまく抜け出せなかった可能性も高いと思います。



前回のメルマガで紹介した
http://archive.mag2.com/0000202495/index.html
簡単!継続型毎食がダイエット・糖で健康代謝アップ!
【ダイエットについてと今年一年を振り返り】
にもありましたが、相談される方が、余裕がなくて
必死になりすぎていると感じるということでしたが、
本当に心の余裕は重要だと思います。

太ることへの恐怖があまりにも強すぎて、
心が太ることへの恐怖に支配されてしまっていて、
そこから抜け出せなくなってしまっています。



そこから抜け出すためにはどうすればよいのでしょうか。


そこで重要になってくるのが、
「セルフイメージ」というものです。
自分で自分に暗示を掛けてしまっていて、
その暗示から抜け出せなくなってしまっている人が多いのです。

人間は、頭の中にある自分自身に関するイメージに
従って行動しているものなので、行動を変えたいならば、
頭の中の自分自身に関するイメージ自体を描き直すことが
重要になるのです。



「うつ病ドリル」の新田さんから、ダイエットにおいても、
これらのことが大切なのではと指摘をいただき、本当に
そうだなあと感じました。


ちなみに「うつ病ドリル」とは、
うつ病関連の情報を発信しているサイトです。

青色ダイエットめがねを掛けると、
悩み事などもなぜか遠い存在のように感じるので、
これはうつ病の人などに掛けてもらったらどういう
ふうな感じになるのか、ぜひ試してもらいたいと
思っていました。
それで、3,4年前になりますが、いろいろとサイトを
調べていて、うつ病情報のサイトで圧倒的に素晴らしい
サイトを見つけたので、モニター調査をやってみてくださいと
お願いしたのでした。

このサイトは情報が充実しているということで、
国会図書館のサイトからもリンクされていて、
グーグルで「うつ病」と検索すると2,3番目に表示
される有力サイトになっています。


うつ病など精神的な問題で苦しむ人は増える一方であって、
自分はならなくても家族や友人が苦しむ可能性も十分にあります。特に予防が大切なので、他人ごとと考えずに、正しい情報を
持っておくべきだと思います。

精神的に苦しみ始めると、自分自身を客観的に
見ることもできなくなって、どんどん問題が深刻に
なっていってしまいます。

余裕がある状態のときに
正しい情報を手に入れておいてください。

メルマガも発行されているので、ぜひお読みください。
ちょうど、次回のメルマガはセルフイメージに関する
内容のようです。

「うつ病ドリル」
http://server343.dyndns.org/utu/

メルマガ「うつ病ドリル 〜メキメキ治った!実践法〜」
http://archive.mag2.com/0000135145/index.html




それで、セルフイメージというものが、
ダイエットにおいて、どのように重要なのかというと、
「自分はどれくらい食べて、どれくらいの量で満足して、
どのような体型である。」というような自分に関する
イメージ情報が脳に強烈にインプットされていて、
ある程度それに従って行動が行われているのです。


だから、ダイエットというものは体の問題というよりも、
主に心や脳の問題であって、自己催眠からどのように
抜け出すかが重要になってくるのです。


特に摂食障害で苦しんでいる人はそうだろうと思います。


これだけは過食をしないと落ち着かないのだ、
これだけの量を過食した後、嘔吐をしてはじめて気持ちが
落ち着くのだというふうに、心を落ち着ける儀式のように
なっているのではないでしょうか。
そうしないと不安で仕方がないし、実際に落ち着くことが
できないのだから、この日常を変えることができないと
なってしまっているのだと思います。

自分で自分に催眠術を掛けているようなものであって、
思い込みの問題にすぎないとはいえ、実際にそうしないと
不安で落ち着かなくなるという現実があるのですから、
その思い込みからなかなか抜け出せないのです。


自分自身に暗示を掛けてしまっていて、それが長く続けば
続くほど、その自己暗示から逃れることが難しくなって
いってしまっているのです。


その自己暗示からどうやってうまく抜け出すのか
ということが非常に重要な課題であります。



参考になるかもしれない本としては

http://www.amazon.co.jp/dp/4537256281
世界一簡単に目標がかなう 成功脳の作り方
 苫米地 英人 (著) 日本文芸社

この本はセルフイメージとはどういう仕組みに
なっているのかを語ってくれています。
人間の脳の働きに関する内容で、ちょっと難しいかも
しれませんが、参考になることも多いと思います。


http://www.amazon.co.jp/dp/4870318474
過食日記―ダイエットから摂食障害になった私
 高橋 カオリ (著) 飛鳥新社

この本は摂食障害に関する内容ですが、マンガで楽しく
書かれていて、とても読みやすい本です。

著者が出版社に勤めていたとき、仕事の忙しさや
ストレスを食べることで解消していて、それで過食症で
苦しむことになり、そこからどうやって抜け出したのか
という重い内容がマンガで楽しく読むことができます。

忙しすぎる仕事をいったんやめて、
ロールプレイングゲームにはまっていたら、
絶対に必要な毎夜の儀式となっていた過食嘔吐をせずに
眠れていたという自分に気づき、過食嘔吐をしないと
眠れないと思っていたのは単なる思い込みだったこと
を知り、なんとか抜け出すことができたというような
内容でした。



自己暗示や太ることへの不安や恐怖の話は、
長くなるので、また次回に続きます。

次回は、太ることへの不安や恐怖とは具体的に
どういうものなのかを真剣に考えてみましたので、
それらを紹介したいと思います。

もしかすると、テレビで放送される日がわかった
という単なる報告の内容になるかもしれませんが。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
--------------------------------------------------


これまでのダイエットは、何を食べるか、
どれだけ食べるか、どのような運動をするかということ
がほとんどで、脳というものをあまりにも軽視してきた
と思います。

やはり、脳の働きをを無視したダイエットはうまく
いくほうがおかしいと思ってしまいます。

脳の重要性を知れば知るほど、
ダイエットにおいても脳を重視するべきだという考えを
あらためて強く感じています。


いろいろダイエットが出揃って、なんとなくダイエットも
ぐるっと1週したような、そんなふうに感じます。

今年こそは、ダイエットも脳を重視するべきだという
考えが広まって欲しいなあと思っています。




このメルマガを気に入っていただけましたら、
他の人にもぜひ紹介してください。



■メールマガジン名:本能でやせる究極の簡単ダイエット!
■発行者:新小田 泰平 
  http://www.blue-diet.com 簡単ダイエット教室
【ダイエットレポートを無料プレゼント中です。】
posted by さくら at 23:40| Comment(4) | TrackBack(0) | ビューティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セルフイメージがどれだけ大切か

脳(心)の問題は 健康やダイエットにも

深くかかわってくるのですね。

良いお話を ありがとうございます♪
Posted by サプリメント管理士 at 2009年01月08日 01:40
こんばんは(^−^)
精神作用がとても大切なんですね・・
健康が一番ですね!
心身ともに♪
Posted by ダイエットスイマーきららママ☆ at 2009年01月08日 02:11
サプリメント管理士さんへ
コメントありがとうございます。
「脳」は体に絶大な影響を与えます。
早く
「ダイエットも脳を重視するべきだ」
という考えが広まって欲しいです。
Posted by さくら at 2009年01月08日 08:44
きららママ☆さんへ
コメントありがとうございます。
ダイエットだけじゃないけど、
何をするにも「気(心)」が大事ですよね。
今年も健康な一年を過ごしたいですね♪
Posted by さくら at 2009年01月08日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112206773
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。